2006年03月27日

黒亭力合店@熊本 〜 黒の競演

黒亭力合外観.JPG

おつかれ麺です。オゴポコです。

諸般の事情により、今年2度目の宮崎遠征と相成りましたので熊本へ寄ってみました。
ラーメン界では、「熊本ラーメン」といえば「黒亭」という枕詞が存在するほど(かなり創り)
「黒亭」の名は絶対なのですが、同じ熊本市内の力合支店は初訪麺です。

今回は、昨夏訪麺した「本店」の写真と共に「黒の競演」をお届けします。

黒亭力合ラーメン.JPG

本店同様女性のみで切り盛りする店内は、決して新しくはありませんが
清潔感が漂い清清しい雰囲気です。

そして、そこで提供されるラーメンはニンニク油&豚骨の王道熊本ラーメン。
ただし、一般的な熊本ラーメンとは違うニンニク油、これが黒亭の特徴です。
同じく熊本を代表する「こむらさき」や「好来」とは違ったニンニクチップと油の取り合わせは、
黒亭油ともいうべきオリジナリティ溢れるもの。
これこそが、黒亭の真骨頂と言うべきでしょう。

スープは本店よりこってりという噂を聞いていましたが、個人的には、はっきり
くっきりとした大きな違いは感じられませんでした。ただ、ニンニク油が支配的になるのは
本店も支店も同じなので、スープの微妙な差は最終的にはかき消されるのかも。
とにかく、単なる軽めの豚骨とは違う、一本しっかり筋の通った豚骨スープである
ことについては相違ございません。

チャーシューは割と繊維質がしっかりした歯応えのあるモモ肉?でしょうか。ブラボー黒亭!
麺は富喜製麺の少し太めストレート。かために茹でられいい具合。ブラボー黒亭!

黒亭遺伝子を受け継ぐ力合支店は、本店とは違い行列も少なそうなので、
お忙しいラーメン紳士淑女にはおすす麺の熊本ラーメンです。

黒亭本店外観.JPG黒亭本店ラーメン.JPG黒亭本店ひと言.JPG

こちらは、昨夏訪麺した「黒亭本店」。
ラーメン写真の写りが違うので見た目が違いますが、味の印象はほぼ同じです。

さて最後に、黒亭の壁に掲げられているニーチェの有難いお言葉を頂きますが、
真剣に意味を考えるとラーメンが冷めてしまうので、自分なりに解釈したら
さっさと食べてしまいましょう。

鋭くて柔和、粗野で繊細
慣れていて珍らか、汚れて純潔
愚者と賢者との密会。
ぼくはこうしたすべてであり、
そうありたい。
鳩であって同時に蛇であり豚でありたい


うむ。やっぱり、最後は豚か・・

↑写真は全てクリックで拡大します!

黒亭 力合店
住所:熊本市鳶町1201
時間:11:00〜20:00
休み:水
HP:なし

点数:4.3点

※地図で場所を確認したい方はこちら↓をクリックしてください


【熊本市】【豚骨】


posted by 拉麺本位 at 01:23 | Comment(2) | TrackBack(2) | 訪麺:熊本県
この記事へのコ麺ト
力合黒亭!何を隠そう、よっぴぃ一番のお気に入りラーメンです!
よっぴぃは文句なしに5点!

でも少し高い(泣)

ところで、熊本市高平(?)の大黒ラーメンは行かれましたか?あそこは黒亭修業の店主が切り盛りしていて、黒亭が野生の味としたら大黒はマイルドな味ですよ。黒亭より好きっていう人も多いみたいです。一度是非。
Posted by よっぴぃ at 2007年09月27日 01:24
>よっぴぃさん
個人的にも、黒亭は力合店の方が好みです。
大黒ラーメンは宿題なので、玄啓を食べに行く
ついでに行ってみようかと考えてます。
Posted by オゴポコ at 2007年09月28日 01:57
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック

黒亭(熊本ラーメン)
Excerpt: 「黒亭(熊本ラーメン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ読み比べしてみてください。 =2006年4月14日収集分= *車で...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline/food
Tracked: 2006-04-14 18:31

これぞ本場の味!熊本ラーメンの王道を行く「黒亭」
Excerpt: 「黒亭」。 1957年創業の熊本No.1ラーメン屋の呼び声高い老舗のラーメン店です。 場所は熊本駅から徒歩8分程度の初めて訪れるには少々分かりにくい場所にあります。 住宅街の角に実に雰囲気のある..
Weblog: 目黒碑文谷日記
Tracked: 2006-05-14 11:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。