2010年02月21日

玄瑛@福岡市中央区 / この店の全メニュー制覇はもう諦めました!

玄瑛新メニュー表.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

「天雷軒」プロデュース「お台場ラーメンパーク」出店「太麺堂」出店と、東京での舞台活動が
活発化している「玄瑛」。「店の造りが劇場型」というメディア受けしそうなネタと実力、その両輪が
備わっているからこそ、東京での評価が高いのかもしれません。

しかし、ある時ふと思ってしまったのです。「じゃあ、いま『玄瑛』の本店はどんな感じなんだろう?」と。

そういうわけで「甲子園に出場する高校を紹介するとき風」に言うなら「11ヶ月ぶり15回目の訪麺」です。

玄瑛新メニュー裏.jpg

豚骨の「玄瑛流拉麺」と、醤油の「潮薫醤油拉麺」を二枚看板とし、アレンジメニューは8種類!

以前から多芸でしたが、ここまで増えていたとは。基本線を守りつつ「香油演出家」の妙技で
レパートリーを増やすのは「玄瑛」の得意技ですが、ここまで増えると「多芸は無芸」となって
いないかやや心配になるというものです。

今回は説明を見ただけでは全く想像がつかない「紅豚」を観劇。

玄瑛紅豚.jpg

「紅豚 900円」

ベースとなる豚骨スープは軽めで、演出のメインの油は熱した辛味が強いもの。やや焦がし気味。
ズッキーニやカボチャ等の振り付けで変化をつけており、太い麺に具はよく絡みますが、辛さ先行か。
通い慣れた常連が、たまには違うもので目先を変えたいから注文する、ならいいかも。

玄瑛潮薫醤油拉麺.jpg

「玄瑛」では豚骨しか食べたことがないという同行者に食べてもらった「潮薫醤油拉麺 815円」。
「天雷軒」プロデュース「お台場ラーメンパーク」出店しか知らない東京の人は、ひょっとしたら

「玄瑛って、醤油ラーメンの店?」と勘違いしてるかもしれませんが、元々は豚骨役者ですから!

当然といえば当然ですが「天雷軒」や「お台場」より醤油や潮加減がキリッと立って好印象。
私的には得意の油を全く入れない「元薫拉麺 550円」が好きだったので、メニューから無くなったのは残念・・・。
福岡ラーメンウォーカーによると、2010年は「脂がおいしいラーメン」に挑戦するそうなので、
またメニューが増えるのかな?もう新メニューを追いかけるのは無理なんですけど!

それとも・・・また東京ですか〜!?

↑写真は全てクリックで拡大します!

玄瑛
住所:福岡県福岡市中央区薬院2-16-3
時間:平土 11:30〜14:30、18:00〜24:30 / 日祝 11:30〜22:00
休み:なし
ブログ:http://d.hatena.ne.jp/iriehideki/

点数:3.8点(紅豚 訪麺日 2009/12/29)

※お店の地図は↓のMapFanをクリック

posted by 拉麺本位 at 05:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | 訪麺:福岡県>福岡市
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック

九州旅行?〜 本場福岡で、最高のアーティストを発見!(福岡県福岡市中央区薬院・麺劇場 玄瑛)
Excerpt: こちらは福岡県福岡市中央区薬院にある“麺劇場 玄瑛”さんです。 今ではラーメンファンの中では、福岡県内トップと云っても過言ではありま...
Weblog: 今日も食べました♪
Tracked: 2010-05-18 01:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。