2009年12月30日

二代目 真毅坊@台東区千束 / お冷やが温かく感じる「氷」ラーメン?

二代目真毅房.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

以前も申し上げましたが、東京は全国からご当地ラーメンが集まり味を競う場所。
極端な話「ラーメン界の甲子園」と言ってもいいほど、
レベルの高いご当地ラーメンを楽しめる、ラヲタにとっての夢舞台であります。

今回ご紹介する「二代目 真毅坊」は、山形発祥の冷しラーメンを進化させた
「山形水ラーメン」を提供する店。出身はご存知「Pour Cafe」です。

二代目真毅房山形水ラーメン.jpg

「山形水ラーメン 690円」

見た目は「Pour Cafe」そっくり。麺は、店内の麺箱どおりなら「南京軒食品」のもの。
では味はそっくりなのかというと・・・まあ、カツオぽいダシがキンキン効いてますがね、
スープが溶けかかったかき氷レベル。
ついでに麺と具も一部凍ってるがな!「薄かったら氷を溶かしてください」って、これじゃ溶けるわけねー!

確か「Pour Cafe」はここまで氷結してなかったはず。お冷やが温かく感じるこの水ラーメン、
いや、氷ラーメン、ちゃんと溶かして提供してください!

↑写真は全てクリックで拡大します!

二代目 真毅坊
住所:東京都台東区千束3-10-6
時間:11:30〜21:00
休み:なし
HP:?

点数:3.5点(山形水ラーメン 訪麺日 2009/11/21)

※お店の地図は↓のMapFanをクリック

posted by 拉麺本位 at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:東京都
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。