2009年12月23日

ちゃんぽん太郎@新宿区西早稲田 / 気づくとあの有名ちゃんぽんチェーン店と比べていた

ちゃんぽん太郎.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

豚骨ラーメン界を制したトンコツ王「一風堂」が、ちゃんぽん界の制圧に乗り出した!
・・・でも、福岡でも長崎でもなくて、東京ですがね。

その名も「元祖焼麺 ちゃんぽん太郎」が産声をあげたのは、高田馬場駅徒歩圏内。
世にラーメン激戦区は数あれど、メジャー級の激戦区と言っても過言ではないこの地域で
「ちゃんぽん」がどう生き残っていけるのか?新装開店三日目の平日夜、店は満員の盛況でした。

なぜか厨房内だけで10人以上の店員がいて、フロアにも何をしているのか分からない店員もちらほら。
それと、ミスをした店員を小突いたり怒声をあげらりするところは「一風堂」系列らしくないな!

ちゃんぽん太郎メニュー.jpg

「ちゃんぽん」を筆頭に「あんかけちゃんぽん」「ヤングちゃんぽん」「スペシャルちゃんぽん」
とちゃんぽん属が続き、忘れちゃならない王の誇り「ラーメン」も用意されてます。

ちゃんぽん太郎ラーメン.jpg

「ラーメン 580円」

別にちゃんぽんが嫌いってわけではないのですが「拉麺本位」としては「ラーメン」を食べてなんぼでしょう!説明によると

「鶏と豚骨と魚介を合わせたチャンポンスープに背油とたまねぎをトッピング。
麺は博多ならではの細麺ストレート。きりっと醤油ダレがきいた味がなんだか懐かしい昭和ラーメン!」

だそうで、やたら甘甘な仕上がりです。麺は細麺ストレートと言いつつもやや平たく、
持ち上げたときに一瞬だけ一風堂ぽさを感じましたがすぐ消えた。とにかく軽い、そして、甘い。

ちゃんぽん太郎ちゃんぽん.jpg

こちら「ちゃんぽん 780円」は、厨房が忙しいからか、やけにやわめの麺に、甘めの味。
ガツンとくる何かや物珍しい何かがあるわけではなく、無難にまとまってます。
ただ、ここで同行したたれまゆ部員に話を聞くと「リンガーハットの圧勝ですね」とのこと。

オゴポコもそう思います。

ちゃんぽん太郎あんかけちゃんぽん.jpg

「あんかけちゃんぽん 780円」は焼きの食感が活きた出来。今回食べた3種類の中では最も高評価ですが・・・。
やっぱり、言ってしもてもよかですか?

まずは「リンガーハット」に勝たないと!

九州へ逆上陸するのはそれからでしょう。

↑写真は全てクリックで拡大します!

ちゃんぽん太郎
住所:東京都新宿区西早稲田3-20-2
時間:11:00〜24:00
休み:年末年始
HP:http://www.ippudo.com/

点数:3.7点(ラーメン 訪麺日 2009/11/18)

※お店の地図は↓のMapFanをクリック

posted by 拉麺本位 at 02:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:東京都
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。