2009年12月21日

上原大勝軒@渋谷区上原 / 大勝軒について語るなら一度は巡礼しておかねばならない!(行ったから言える)

代々木上原大勝軒.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

ここだけの話、恥ずかしながら未食でした。
九州でも見かけるようになった「大勝軒」の屋号、しかしながら、ここを食べずして
「大勝軒」うんぬんを語っていたことを、まずはお詫び申し上げます。

つけ麺発祥の店、中野の「大勝軒」から生まれた、代々木上原駅そばの「大勝軒」

中華料理店色が強いことで知られる店ですが、それでも一度は巡礼しておかねばならない店でしょう。

代々木上原大勝軒メニュー.jpg

これが、代々木上原大勝軒のラインナップ。どれだ?どれを食べればいいのか?
よーく探して「2番」と「22番」を注文。同行者には22番を担当してもらうことに。

代々木上原大勝軒つけそば.jpg

「つけそば 520円」

中野とも東池袋とも違う「つけ麺」が目の前に現れた!!
今時520円という価格も驚きだが、シンプルさを突き詰めたようなルックスに驚き。
丼に注がれた「つけ汁」は、油層で熱々に保たれ、酸味と挽肉の味が特徴。
東池袋ほどモチモチ感のない麺は、量はさほど多くなく、スルッと平らげられるほど。

代々木上原大勝軒つけそば割スープ.jpg

こちらは割スープ。特に何も言わなくても卓上にドンと置かれたので、遠慮せずに
たっぷり注ぐ。すると丼はスープでひたひたになりますので、これはもうラーメンとして食べられますな!

代々木上原大勝軒ラーメン.jpg

「ラーメン 520円」

こちらは、とにかく熱々!「つけそば」の汁より遥かに熱い!
このスープ、公式サイトによると、鶏ガラ、豚骨、節類、煮干、挽肉、野菜類で
約4時間かけて丁寧に作っているようですが、その材料の中に「濃縮ガラパック(理研)」
と記されておりまして、誠実さが伝わってきて好印象です。この熱ささえなければ、
落ち着いて啜られる、中華料理店のレベルを超えたスープです。とにかく熱すぎ。

とにかくこの店を経験できたことで、後ろめたさを感じずに思い切り大勝軒を
食べられるようになった、これが一番かもしれません。

ところで、大勝軒ラブ(というか山岸さんラブ)のじーの副部長、もう行きましたか?

↑写真は全てクリックで拡大します!

上原大勝軒
住所:東京都渋谷区上原1-17-11
時間:11:00〜22:00
休み:水
HP:http://www.taishoken.co.jp/

点数:3.8点(つけそば 訪麺日 2009/11/15)

※お店の地図は↓のMapFanをクリック

posted by 拉麺本位 at 02:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 訪麺:東京都
この記事へのコ麺ト
やばいですか、自分?
Posted by じーの at 2009年12月27日 21:28
>じーのくん
やばいかどうかは、自分で決めないと。
Posted by オゴポコ at 2009年12月28日 08:49
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。