2009年12月19日

青樹@たま館 / 大人のラヲタなら楽しめる、この苦味

たま館.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

「古来より多摩地方において、年中行事や、特別の日の食に関しては時代を問わず、
必ずといってよいほどに麺類を食することが多かった。ここ、多摩・武蔵野の地、
竹林の中、休み屋(東屋)にて現代の麺・らーめんの進化を味わう一時の時間。
癒しの世界へ・・・・・・」

ラーメン施設って、こういう伝説とか逸話を語るのが好きだな〜、ほんと。
「ラーメンスクエア」から「純連立川店」方面へ歩き、WINSの道向かいにある「たま館」です。
この「たま館」や「高円寺らーめん横丁」もそうですが、最近のラーメン施設は施設に出店
しそうにない有名店・人気店の出店で差別化を図る、新しい形の競争に入ったような気がします。
無論、東京での話ですが・・・

青樹券売機.jpg

「いつ樹」が月曜限定で屋号を変えてやっていた(いまもやってる?)「青樹」がラインナップされてます。
「いつ樹」ならまだしも「青樹」の認知度がどれくらいあるのか微妙ですが、うまけりゃ問題ねぇ!

青樹荒煮干そば.jpg

「荒煮干そば 650円」

うめぇ!まったく問題ねぇ!

「苦うまい」スープは、聞いていた通り確かに苦々しいものの、動物系もしっかりして
苦いだけでは終わらない。粗挽き煮干の苦味を楽しめる、大人のラヲタ向けスープです!
噛みこんだ瞬間はムチっとしつつ、噛み切ったときはザクッといける麺も、スープに負けじと存在感あり。

これは、都内屈指の煮干系ラーメンと言いたい!

青樹限定みそ.jpg

「11月限定(味噌) 850円」

スープと麺がこれだけいいと、味噌も当然いい。
長時間営業が求められるラーメン施設でもこれだけのものが食べられる。
こんなのを見せられたら、他のラーメン施設の店に求めるレベルも、上げざるを得ませんな。

↑写真は全てクリックで拡大します!

青樹
住所:東京都立川市錦町1-2-16 立川アーバンホテル1階
時間:平 11:00〜24:00 / 土 9:00〜24:00 / 日 9:00〜21:00
休み:なし
HP:http://www.tamayakata.com/

点数:4.7点(荒煮干そば 訪麺日 2009/11/08)

※お店の地図は↓のMapfFanをクリック

posted by 拉麺本位 at 03:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:東京都
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。