2009年12月13日

【特集】いま「大つけ麺博」を振り返る(ただし一店舗のみ)

新風つけ麺博光景.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

おっと、書くのを忘れてた!
去る11月7日、東京・日比谷公園の「大つけ麺博」に出店した「新風」を応援しに行ってたんだった。
日比谷公園に居並ぶ有名店の中で、一際長い行列を見て「新風、やるな!!」と思いきや、
よく見るとそれは「佐野ジャパン」。テレビ番組で「いま忙しいから、後にしてくれ!」と言ってた店主が
率いるチームに、客がどんどん押し寄せてるということです。

新風つけ麺博店舗.jpg

とはいえ、九州代表として踏ん張る「新風」もなかなか善戦しております。
並んでいる客の何パーセントが「新風を知っているor食べたことがある」のか不明ですが、
こういう場所で唯一「博多」の看板を掲げていることが功を奏しているのか。

新風つけ麺博.jpg

麺は低加水で勝負かと思いきや、加水高めで、ややフニッとした食感。
麺は「浅草開化楼」のもので、同じく「大つけ麺博」に出店していた「六厘舎」で
出していた細麺を使わせてもらっているとのこと。

一方、つけ汁。これは新風、やってくれました!!

「本気出してしまいました」と言う言葉どおり、豚骨オンリーで勝負した汁は、
「無心」のようなドロ系豚骨ではなく、博多っぽいサラッと飲める加減で調整し、かつ、しっかり豚臭いもの。

今度は福岡で、自家製麺でこのつけ麺を再現してほしい!!

数量限定でもいいので、ぜひお願いしますよ!
posted by 拉麺本位 at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特集
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。