2009年11月30日

トラの夢@大分 / 大分の濃厚民族拡大のために、骨を惜しまず頑張る店

トラの夢.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

大分県内で主流のラーメンといえば、基本的には「ライト豚骨」。一部、佐伯方面では、
ニンニク入りのコショウをぶっかけた特異なラーメンが見受けられますが、基本は「ライト豚骨」です。

そんな中、県内髄一の濃厚豚骨を提供する「一骨家」で腕をふるっていた方が、3月に新店をオープンしたとのこと。
大分県内の濃厚民族生態調査も兼ねて、これは行くしかないでしょう!

トラの夢メニュー.jpg

ドアや窓を開け放ったコンテナ風の店内は、矢沢永吉一色。テレビコンサートが絶え間なく続く中、
メニューを見ると、筆頭には「炭火焼きチャーシュウ麺 580円」とあります。ラーメンではなく、
デフォルトがチャーシューメンなのは「一骨家」と同じ。
チャーシューはやや大きい程度ですが「チャーシューメン」と名乗って580円ならお得感は増します。
見せ方がうまい。

トラの夢炭火焼きチャーシュウ麺.jpg

「炭火焼きチャーシュウ麺 580円」

自家製麺の細麺は、プッツリ噛み切れる低加水。やや粘りのあるスープは、意外に髄っぽさは
ないものの豚臭さ満点、どろんと胃に流れ込んできて、満腹感は相当なものです!
先に食べていた濃厚民族仲間のたけひこさんがオススメしていたのも頷ける!
この勢いで、大分での濃厚民族増加に一役買ってほしいものです。

大音響のYAZAWA、目の前で炎を上げる餃子、骨が注ぎ足される寸胴、威勢のいい接客、
まるで野外ライブのど真ん中で営業しているような店。YAZAWAのライブは未訪ですが、
たぶんこういう雰囲気なんだろうな。違うか。

↑写真は全てクリックで拡大します!

トラの夢
住所:大分県大分市森633-5
時間:11:00〜20:00
休み:水
HP:?

点数:4.3点(炭火焼きチャーシュウ麺 訪麺日 2009/10/31)

※お店の地図は↓のMafFanをクリック

posted by 拉麺本位 at 02:40 | Comment(1) | TrackBack(0) | 訪麺:大分県
この記事へのコ麺ト
オゴポコさんの記事を読んで先日名古屋から逝ってきました(2/12)

海苔が油吸って残念だったのとマー油?が少量隅に乗ってたのが心外だった他は旨かったです。
チャーシューは癖になりそうですね 残ったスープに浸しながら美味しく頂きました。

あ、外の長椅子は撤去されてました
服が焼肉食った後の臭いになったのは愛嬌かな


大音量で洗脳されてアヴリル・ラヴィーン推しになりました。
Posted by Zack at 2010年02月17日 22:03
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。