2009年11月30日

荒法師@大分 / 大分出身の元関脇は「あら、惜しい」

荒法師.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

東京から全国へ広がりを見せる「豚骨魚介系」の波は、いよいよ大分へも押し寄せてきたようですね!
今年6月にオープンした新店。元居酒屋という店は、まず広い玄関で靴を脱ぎ、
待ち構えている店員さんに席へ案内されるかな?と思いきや

「こちらで食券をどうぞ」とのこと。

荒法師券売機.jpg

大きく分けて「中華そば」「冷つけ麺」「釜揚げつけ麺」の3種類、
それぞれ5段階の麺量を用意し、券売機のボタンをフルに活用しております。
「中華そばちび盛(100g)500円」を購入すると、今度は生麺を見せながら、
「太麺と細麺から選択できます」とのこと。「太麺」を選択し、促されるままに廊下の奥の部屋へ・・・

ここラーメン屋だよな?何か騙されているような・・?

荒法師中華そばちび盛.jpg

「中華そばちび盛 500円」

恭しくお盆に乗って登場した「中華そば」は、一言で言えば「あら、惜しい!」
スープはドロドロの濃厚ではないものの、魚介が利いてドッシリした味。
翻って、うどん用製麺機で打った麺は、あまりにも柔すぎで、跳ね返りが無く「ふにふに」
手間をかけてそうな炙りチャーシュー、メンマもソツなくまとまっているだけに「あら、惜しい!」

荒法師特別賞.jpg

なお「荒法師」とは、大分出身の元関脇「玉乃海」の異名から取っていると思われます。
じゃあ、名大関の千代大海も食べに来たりするのか・・?あ、大関陥落してたっけ。失礼。

↑写真は全てクリックで拡大します!

荒法師
住所:大分県大分市牧3-3-19
時間:11:30〜15:00、18:00〜21:00
休み:月
HP:?

点数:3.9点(中華そばちび盛 訪麺日 2009/10/31)

※お店の地図は↓のMafFanをクリック

posted by 拉麺本位 at 02:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:大分県
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。