2009年11月16日

天雷軒 東日本橋店@中央区東日本橋 / あの麺劇場玄瑛が東京上陸!(ただしプロデュースに限る)

天雷軒東日本橋店.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

ようやくキングも星をつけた「麺劇場 玄瑛」が、東京でプロデュースした店があると!?
これは大変、早く行かないと大行列だ、いや、売り切れかも?と、昼過ぎに焦って訪麺
すると、ほぼ満席でしたが余裕で座れました。

もしかして、東京のラヲタ諸氏はあまり注目してないとか?

天雷軒東日本橋店メニュー.jpg

10月7日から「玄瑛」の監修を受けたメニューに一新したとのこと。メニューは塩、
じゃなくて潮と、味噌、じゃなくてMISOの二本立て。「玄瑛」独特の言い回しが「らしさ」
を感じさせますな!

天雷軒東日本橋店メニュー2.jpg

店のモットーは「こだわったのは味と薫り、そして安心。」
なので、内装(劇場型)には特にこだわっていない様子で、普通の造作。しかし、
店員さんのユニフォームは「玄瑛」ぽさにこだわっている模様。

天雷軒東日本橋店口上.jpg

拉麺本位の読者で「玄瑛」を知らない人はいないとは思いますが、東日本橋近辺で
「玄瑛」を知っている人はどれくらいいるでしょう?そういう人達のために、懇切丁寧な
説明は必要です。

天雷軒東日本橋店海老薫潮拉麺.jpg

「海老薫潮拉麺 750円」

麺は特製縮れ麺だそうで、やや扁平しており、啜るとぶるっぶるっと震えるような食感が
面白い。茹で加減はやや固め。よく汁が絡むと同時に、具も一緒に引き上げてくる!

「二口目から溶かしてください」とアナウンスされる海老粉を、四口目位から溶かして
みると、強烈な海老味に変化!!するわけでもなし。スープ自体の旨味がしっかりして
おり、かつ「油の魔術師」らしく浮かんだ油がスープを後押しする。
「ポイントは押さえて、よく再現されてるな」と感じます。

最後に。駅へ戻る道すがら、歯に挟まっていた海老粉を噛んだときが、もっとも海老を
感じた瞬間だったことを付け加えておきましょうか。

↑写真は全てクリックで拡大します!

天雷軒 東日本橋店
住所:東京都中央区東日本橋2-9-4
時間:11:30〜15:00、17:00〜22:00
休み:第3日
HP:http://www.nanayama.co.jp/tenraiken/higashinihonbashi/

点数:4.0点(海老薫潮拉麺 訪麺日 2009/10/17)

※お店の地図は↓のMafFanをクリック

posted by 拉麺本位 at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:東京都
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。