2009年11月14日

大恩@神埼 / 自由麺工房の名に恥じぬ自由すぎるメニューと麺

大恩ニュース.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

約1年前、ラーメン後進地域の佐賀に突如現れた豚骨魚介系の「大恩」がその後
どうなったのか?絞り込まれていたメニューは?つけ麺は?それらの疑問を解決するべく訪麺したのですが・・・

大恩メニュー1.jpg

ほお、いきなり「こだわりのスープ」「こだわりの麺」ときたか!
右下にはそれとなくPHについての説明もありますが「ご理解とご協力」ってどうすれば
いいんだ?つまり単純に「時間がかかるかもしれんから待ってくれ」ってことか?

大恩メニュー2.jpg

「濃厚魚介」と「ベーシック濃厚魚介」はどう違うのか?
「濃厚豚骨」と「大恩ラーメン」と「豚骨ラーメン」はどう違うのか?
しかも「濃厚魚介」は「一番出汁だけの贅沢豚骨スープ」なのに「豚骨ラーメンのイメージは
ここにはありません」とあるぞ?

分からない・・・

大恩メニュー3.jpg

つけ麺は、並、大、特が同料金!いや、それは「味噌つけ麺」だけか。
ネギが「3倍、6倍」と3の倍数なので、餃子も「6個、12個」ときて18個かと思いきや次は「20個」かよ!

大恩つけ麺.jpg

「つけ麺並 460円」

スープは甘さや酸味に依存せず、濃度は適濃でトロトロといいバランス。
汁の中にはモヤシとメンマ。別皿でタマネギとネギ。総じてつけ汁はいい!

一方、麺。挽きぐるみ特有のざらつき感がかなり強く、ふにっと頼りない食感。
狙ってやっているのかどうかは分かりませんが、これは惜しい。

「まあワンコインつけ麺だからしょうがないか」という見方もあるとは思いますが、
既にこちらのワンコインつけ麺でハードルが上がっていただけに、残念。

大恩濃厚豚骨.jpg

こちらは「濃厚豚骨 590円」

スープは油が強め。「濃厚」にも色々ありますが、まあ、そういう濃厚です。
スープはさておき細麺がまた・・・やわい!フニフニです。

大恩ベーシック濃厚魚介.jpg

ええっとこれは・・・そうそう「ベーシック濃厚魚介 590円」
「濃厚魚介 690円」と違って「魚介粉」が入ってないそうで、なかなかの濃度では
ありますが、これも麺がやわい!フニフニです。

メニューと言い麺と言い、店名どおり自由すぎるだろ!

手を広げて頑張っているのは分かりますが、芯が通っていないのが惜しい。ほんとに。

↑写真は全てクリックで拡大します!

大恩
住所:佐賀県神埼市神埼町姉川1600-1
時間:11:00〜21:00(早じまいあり)
休み:月
HP:http://daion.area9.jp/

点数:3.9点(つけ麺 訪麺日 2009/10/11)

※お店の地図は↓のMafFanをクリック

posted by 拉麺本位 at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:佐賀県
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。