2009年11月07日

渋谷大勝軒1961@渋谷区渋谷 / 「山岸流つけ麺の食べ方」を読めるのは渋谷大勝軒だけ!(たぶん)

渋谷大勝軒1961.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

いまなお繁殖を続ける「東池袋大勝軒系」の店の中には、その他大勢に埋没しまいと、一捻りした店名を
つける店が散見されます。今回ご紹介する「大勝軒」は「お茶の水、大勝軒」の関連店で、その名も「渋谷大勝軒1961」。
「東池袋大勝軒」が創業した1961年に立ち返ることをコンセプトにしているそうです。

・・・つーか「サッカーチームかよ!」と思ってしまったのはオゴポコだけではないはず!

渋谷大勝軒1961もりそば.jpg

注文はノーマルの「特製もりそば 750円」
「お茶の水、大勝軒」が滅法良かったのでかなり期待して訪麺しましたが、あくまで「渋谷」でした。

まずは、分厚い層になった多めの油がスープの重厚感を演出、次に底で待ち伏せていた甘辛酸でピリッと締める。
麺はたっぷりの量ながらも、マジックのように胃にツルツルと入る「らしさ」全開のもの。注文毎にカットされる
大きめのチャーシューは3枚沈んでおり、これらを汁の中から引き出して噛りつく作業も、また楽し。

渋谷大勝軒1961食べ方1.jpg

こちらは、ラーメンバンクのエッセイでも取り上げられ、ラヲタの間で話題となっている(らしい)「山岸流つけ麺の食べ方」
内容もそうですが、「あの温厚そうな山岸さんが、こんなに饒舌に語るなんて」という驚きの方が先行しますな!

渋谷大勝軒1961食べ方2.jpg

読み進めていくうちに「これ、本当に山岸さんが語ったのかな・・?」と疑問が湧いてきましたが、
「佐野実のラーメン革命」に掲載されていた佐野氏と山岸氏の対談で、同じような内容が掲載されて
いたので、ご本人の談であることは間違いないでしょう!

山岸さんのファンなら、これを読むために訪麺するのもアリかと>じーの副部長

↑写真は全てクリックで拡大します!

渋谷大勝軒1961
住所:東京都渋谷区渋谷3-17-4
時間:11:00〜25:00(早じまいあり)
休み:月
HP:?

点数:4.0点(特製もりそば 訪麺日 2009/09/30)

※お店の地図はこちら↓をクリック

posted by 拉麺本位 at 02:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:東京都
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。