2009年10月21日

きしもと食堂@国頭郡本部町 / 創業100年以上ということは、日露戦争の頃から続いているわけか

きしもと食堂.jpg

おつかれ麺そーれ。オゴポコです。

1905年から続く超超老舗の「きしもと食堂」は、100年経っても行列店。
長くラーメン食べ歩きをやっていると「○年ぶりに食べる」ということはよくありますが、その間隔が長い
ということは、その店が長く続いていることの証でもあります。そういう意味では、

「100年ぶりに食べた」

と言える可能性のある店は、ごくわずか。ここはその「ごくわずか」に該当する店なのです。

きしもと食堂そば小.jpg

「そば小 500円」

店に入ると、壁一面に敷き詰められたサイン色紙が目につきます。中には、ひょっとしたら歴史上の偉人も
あるかも、と思って探していたら、思いのほか早く「そば小」が出てきました。
オペレーションは意外にスムーズで、次々に入ってくる客の捌き方が絶妙。

スープはやや色づいて、甘辛いタイプ。平打ち麺に、三枚肉。ジョジョに油が溶け出して、スープに広がっていきます。
正直「歴史を食べにきた」つもりでしたが「歴史も味も楽しめた」という結果で、望外の満足でした。すみません。

ただ、ひとつ気になったのは、店の前の薪。自家製麺灰汁を作るためのもので店のシンボルだそうですが、
雨で濡れても大丈夫なのか?イジュの木やシイノキの薪だそうですが、この木の灰汁で麺を打つそう。

・・・あ!そうか!「山原そば」の俳句の意味が、いまようやく分かったわ。

↑写真は全てクリックで拡大します!

きしもと食堂
住所:沖縄県国頭郡本部町渡久地5
時間:11:00〜17:00
休み:水
HP:?

点数:4.0点(そば小 訪麺日 2009/09/13)

※お店の地図はこちら↓をクリック



posted by 拉麺本位 at 01:16 | Comment(1) | TrackBack(0) | 訪麺:沖縄県
この記事へのコ麺ト
だめだぁ
俳句の意味わからん!
Posted by 2代目たろ at 2009年10月21日 03:38
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。