2009年08月09日

赤のれん麺徳@千代田区飯田橋 / 赤のれんについて語りたいなら斑鳩に行かずここへ行くべき

赤のれん麺徳.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

日本中のラーメンが集まり覇を競う東京ラーメン界において、小規模とはいえ派閥を形成している「西麻布赤のれん」系の店。
新店の話題に事欠かない東京では、注目されることは滅多にありませんが、しかし!
福岡から東京へ「ラーメン留学」しているオゴポコとしては、見過ごすことはできない!
というか、この日の本命は「九段斑鳩」ではなく、すぐ近くの「赤のれん麺徳」が本命だっ!
こんな食べ歩きする奴が、他にいるか!?いや、いないだろ!!!!

赤のれん麺徳メニュー.jpg

メニューにはっきりと書かれた「西麻布赤のれん」の文字。加えて、壁には「西麻布赤のれん」と同じ
「赤のれんの由来」が掲げられてます。ですが、「赤のれん」で貰ったショップカードの支店一覧には、
この店の名は無し。「赤のれんの暖簾分け」みたいなものでしょうか。

赤のれん麺徳らあめん.jpg

「らあめん 650円」

一目見て分かる特徴。伝統の平打ち細麺、細切りメンマが「その系統」であることを物語っています。
しかし、どうにもこうにも、スープがスッキリしすぎてお上品、というか、スカスカ。
更に、チャーシューの臭いが微妙。「西麻布赤のれん」には無かった「九州らあめん 780円」は、
「アッサリ感のある味」とのことですが、これ以上アッサリになって大丈夫なのか?

ではここで、この系統のオススメ度合を表してみよう。現時点ではこうなる。

英@経堂>>>>>>赤のれん@西麻布>赤のれん@丸ビル>由○>赤のれん麺徳

しかし、九州のラーメンの歴史について語りたいなら

赤のれん@西麻布>>>>>>>赤のれん@丸ビル>赤のれん麺徳>由○>英@経堂

という順番ですな。
あと気になってるのは「赤のれん」出身を謳っている「馬鹿豚や@阿佐ヶ谷」ですが、
他にもある、という方はご一報ください。

↑写真は全てクリックで拡大します!

赤のれん麺徳
住所:東京都千代田区飯田橋2-5-1
時間:11:00〜23:00 / 日祝 11:00〜18:00
休み:なし
HP:?

点数:3.6点(らあめん 訪麺日 2009/07/24)

※お店の地図はこちらから



posted by 拉麺本位 at 01:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:東京都
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。