2009年02月28日

由○ 八重洲通り店@中央区八重洲 / 赤のれん、福のれん、よしまる、そして、次は赤のれんへ。

由丸八重洲通り店.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

今さら言うまでもなく「赤のれん」は、博多ラーメン史の源泉の一つであります。
その「赤のれん」の暖簾分けとして知られるのが、六本木ヒルズ近くにある「赤のれん」。
いや、正確には六本木ヒルズが「赤のれん」の近くに建ったというべきか。

何せ、約30年前から店を開いているわけですから。

その「六本木の赤のれん」によって興された店が「福のれん」であり、「福のれん」から改称したのが「由○」というわけです。
この辺の詳しいことは、ケータイサイト「ラーメンバンク」のOOSAKI氏のエッセイをご覧ください。
ていうか、あ、ごめんごめん、拉麺本位読者なら当然読んでるか。こりゃ失礼つかまつった。

由丸八重洲通り店メニュー1.jpg

東京駅から歩いてすぐの立地。福岡とは縁遠いこの地では、680円で「博多」を感じることができるそうです。

由丸八重洲通り店メニュー2.jpg

こちらは一品もの。ふーん、辛子明太子が400円か。
酎ハイよりも、焼酎よりも、ご飯ものよりも、「辛子明太子」が最も価値あるもの食べ物だ!
という博多っ子の心意気が感じられます!

由丸八重洲通り店ラーメン.jpg

「博多らーめん」は、確かに言うだけのことはある、やや甘めの「博多の味」で、
博多は博多でも「博龍軒」や「赤のれん」に代表される「元祖博多」の方。
ただし、「六本木の赤のれん」に比べると、麺は平打ち麺ではなく、細めストレート麺。
メンマはなく、キクラゲ。この辺は「現在の博多」寄り、ということか。

なお、ラーメンバンクによると、東京の「赤のれん」は六本木の他に「丸ビル」と「飯田橋」にあるそうで、
これはオゴポコとしては早急に訪麺せねばなりません(強制されているわけではない)。

↑写真は全てクリックで拡大します!

由○ 八重洲通り店
住所:東京都中央区八重洲1-8-9
時間:11:00〜23:00
休み:日祝
HP:

点数:3.7点(博多らーめん 訪麺日 2009/02/05)

※お店の地図はこちらから

posted by 拉麺本位 at 03:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:東京都
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック