2009年02月11日

なんでんかんでん 東京本店@世田谷区羽根木 / 豚骨帝国九州人のなんでんかんでん王国訪麺体験談

なんでんかんでん.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

「東京豚骨」をもっと知りたい!・・・でも、そもそも「東京豚骨」って何だ?

「それは『ばんから』のことじゃない?」

という声もありそうですが、ここは「東京発祥の博多ラーメン」として考えてみますか。ではその源流はどこなのか?
諸説あるでしょうが、最も有力な説はここ「なんでんかんでん」でしょう。

さて、これまで散々偉そうに豚骨を語ってきたオゴポコさんは、実は「なんでんかんでん」の本店は初めての模様。
一分一秒でも早く「既食」にするために、急いで店へ入っていきます。

なんでんかんでんメニュー.jpg

以前、横浜のセンター北駅にある「ラーメン甲子園」で「なんでんかんでん」に行ったとき、
「ミスターなんでんかんでん」が客の丼に勝手にすりゴマを入れていたのを目撃してから、

「もしアレをやられたら、どうリアクションしよう?」

とずっと考えてましたが、この日は「ミスターなんでんかんでん」は不在のようで残念・・・。
麺の硬さは「粉おとし、ハリガネ、カタ、ふつう、やわ」の5段階で「ラーメン」を麺の硬さ「ふつう」で注文。

なんでんかんでんメニュー2.jpg

なんでんかんでん王国の通貨単位は「ND(なんでん)」で、レートは「1ND=1円」。
「他店または海外で使用すると救急車を呼ばれる」って、そういうことは通貨を発行してから言えよ!

なんでんかんでんラーメン.jpg

福岡から取り寄せる「トリオ製麺」の麺は、プッツリ切れる「博多らしい」細麺で、これは予想どおり。
ところが予想外なのは、スープ!

よかたい、これは。

最悪のケース「シャバシャバ博多ラーメン」を想像していたところに、コッテリと脂っぽいスープが出てきた!
「なんでんかんでん」出身の「御天」よりも好印象、いやもっと言えば「田中商店」を薄めた感じ。
歴史を食べるつもりが、思いがけずいい博多ラーメンを食べてしまった事実。
東京の博多ラーメンを語りたい、という方は訪麺必須の店でしょう。

↑写真は全てクリックで拡大します!

なんでんかんでん
住所:東京都世田谷区羽根木1-8-7
時間:月〜木・日・祝 18:00〜27:30、金・土・祝前日 18:00〜28:00
休み:なし
HP:http://nandenkanden.com/

点数:4.2点(ラーメン 訪麺日 2009/01/17)

※お店の地図はこちらをクリック



posted by 拉麺本位 at 22:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 訪麺:東京都
この記事へのコ麺ト
お店の名前からして、なかなか興味がありますね!
東京で、食べたい一杯になりました!
Posted by 梅里 at 2009年02月12日 00:28
>梅里さん
東京で豚骨を食べ歩くなら、色々な意味でここは必須と思われます。
Posted by オゴポコ at 2009年02月12日 01:53
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。