2009年02月10日

一龍@世田谷区北沢 / 一力(敦賀市)、一龍(福井市)、一力(ラー博)、最後に一龍(世田谷区)

一龍下北沢.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

仕事というのは、順番どおりに進めないといけません。ラーメン食べ歩きも、同じこと。

「一力」(敦賀市)出身の「一龍」(福井市)出身の「一龍」(東京都世田谷区)。
「一力」(ラー博)も無事クリアしたことで、ようやく行く資格を得ました。
オゴポコの中での「敦賀ラーメンの旅」は、ようやく最終ステージを迎えられたわけです。

一龍下北沢ラーメン.jpg

「中華そば 600円」

おや?コショウはなしか・・。スープは、これまで食べた「一力系」の中では、やや辛めで、厚みが増したような印象。
太縮れ麺はよくからむし、キッチリと紅しょうがの後味を感じながら無事に旅を終了。
特に多くは申しません。オゴポコと同じ旅路を歩んだ人なら、分かってくれるでしょう。

いまは、これで終わりたい、終わられる、という気持ちいっぱいであります。

でも「ここの敦賀ラーメンはすごいよ」みたいな情報があったら、行ってしまいそうですが。

↑写真は全てクリックで拡大します!

一龍
住所:東京都世田谷区北沢2-30-11
時間:11:30〜20:30(スープ終了時閉店)
休み:水
HP:?

点数:3.7点(中華そば 訪麺日 2009/01/17)

※お店の地図はこちらをクリック

posted by 拉麺本位 at 02:06 | Comment(5) | TrackBack(0) | 訪麺:東京都
この記事へのコ麺ト
ワタシは福岡生まれで福岡で25年、東京で約25年過ごした一ラーメン愛好者です。

近年、上手に利用すれば美味しいラーメン店探しにネットの情報はきわめて便利で、
現在は東京在住ですから、日常の店探しには東京のラーメンサイトを利用しますが、
福岡にも時々帰りるのでここで話題になっているサイトにもお世話になってます。

しかしながら、このオゴポコ氏のラーメンサイトはどうにもいけません。
なんという傲慢不遜な、勘違いの甚だしい、かつ性格の悪い人物なのでしょうか。
その文章を読むたびに不愉快を通り越して、あきれ果てるばかりです。
先ずその文体は徒に回りくどく大仰なばかりで読み辛いことこの上ありません。
そして肝心の論評の中身の方はというと、評価基準が独りよがりでいい加減だし、
偉そうなことを言う割には無責任、とお粗末そのものです。

また、他の優良なラーメンサイトと比べ福岡でも東京でも訪問した店の数は少なく
重要と思われる店を網羅していないことも多くて役に立ちませんしね。

まあ、この人物に言わせるとこういうことなんでしょうか。。。

--

イタリアに美味しいパスタ料理店なんてあるのか?
今や調理技術にしてもメニューの洗練度にしても東京の方が格段に上。
そもそもイタリア人はパスタ料理の基本であるオリーブオイルを扱う技術が雑すぎる。
東京はパスタマニアの舌も肥えているし、パスタに関する情報リテラシーも高い。
それに加えて、「和風スパ」や「昔ながらのナポリタン」の成功。
東京のパスタは常に新しい動きを見せている。
この新しい動きについていこうという危機感に乏しいイタリア人は
もはや東京のパスタには追いついて行けないのではないか。

--

だいたい「食文化」というのは皿の上に乗っているものだけじゃないと思うんです。
歴史、風土、気候、そこに生きている人たちの人生、、、
そんなものまですべてひっくるめたところにあるものじゃないでしょうか。
東京に「ラーメン文化」なんてないですよ。あるのは「流行」と「消費」です。

「今年は○○が来る!」などと言う自称ラーメン評論家共に扇動されて
地方から上京して暇を持て余している大学生やフリーターが異常な行列を作り、
流行だかなんだか知らないが訳のわからない味のラーメンを出して、
ネットやラーメン本で持て囃されて時流に乗って喜んでいるような店が、
この人物の言う東京の‘一流’ラーメン店なのですかね。

20年も30年も前から広く地域の老若男女に愛され、今でも愛され続けているような
地方の地味な店の方がよっぽど社会に貢献していると思いますけどね。

そうは言うものの、世間的に高評価を得ている都内の超有名店には、
私自身ラーメン好きだから、懲りずにあちこち足を運んでいます。
でも、心から美味しい!と思った記憶がほとんどないのです。
豚骨魚介だとか魚粉だとか煮干とか鮮魚だとか本当にワタシには訳のわからない味です。
その手の店にありがちな中太ストレート麺というのもなんか苦手です。
(ちゃんぽん麺は好きなんですけどね)
不味いとまでは言いません。生き残るためにすごく努力している店も多いと思うし。
ただ、あんまり再訪したいという気持ちにることがありません。
また来たいと思ったのは九段「斑鳩」ぐらいですかね。
あと市ヶ谷の「庄の」は家から近いので良く行きますけどね。

博多のラーメンだけを偏愛しているわけでもありませんよ。
北海道のラーメンは大好きですから。「てつや」とか「欅」とか「初代」とか。
「すみれ」はそれほど大したことないと思う。本店では未食ですけど。
西山製麺系の麺も大好きです。麺は博多のものより好きかも知れない。
東京のごく普通の醤油ラーメンも嫌いではありません。

また、東京で食べる博多(九州)ラーメンは、30年前と比べると、
確かに格段に質が向上していて、美味しい店が増えました。本当に助かってます。
だからといって東京と福岡のレベルが云々、なんて考えませんけどね。
どこであろうと美味しい豚骨ラーメンが食べられれば有り難いものだと
感謝しています。

なにはともあれ、オボコポ氏は、さっさと偉そうな評論ごっこは止め、
人間として修行し直して欲しい。「元祖」に雇ってもらって皿洗いでもすれば?

Posted by at 2009年02月11日 09:46
>名無しさん
はいはい、おつかれ麺(・∀・)
Posted by オゴポコ at 2009年02月11日 10:17
コメントでこんな長文書く人がいるなんて。暇というかバカというか。
Posted by  名無し at 2009年02月12日 03:57
先日はお疲れ麺でした。

というか消えちゃって残念ですね(笑
Posted by taronobu-hime at 2009年02月12日 19:44
>名無しさん
いやいや、もっと長く書いてほしいくらいで。

>taronobu-himeさん
とりあえず、内容はちゃんとコピーしてますので。
Posted by オゴポコ at 2009年02月13日 00:09
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック