2009年01月04日

どっかん@渋谷区幡ヶ谷 / 燕三条背脂ラーメンを我武者羅に作りなおしたらこうなった

どっかん.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

22時になりました。超有名店のネクストブランドというわけでもなく、特別立地がいいというわけでもなく、
テレビで告知されたわけでもなく、しかも平日の夜だというのに、数十人が行列を為しています。

つまり、ここに並んでいる人は、積極的にネット等で情報収集している「ラーメン好き以上」のレベルの人達なのです。

こういう光景を見るたびに「東京はすごかね〜」と感心する博多っ子(自称)のオゴポコでした。

どっかんメニュー.jpg

「背油煮干濃厚醤油」とありますが、これはラーメンデータバンク(略してRDB)の調査によると
正しくは「背脂煮干濃厚醤油」でよいようです。こういう細かいところを逃さない仕事っぷり。
これが、RDBが「ラーメン界のCIA」と呼ばれる由縁でしょう(オゴポコの中で)

どっかんらあめん.jpg

言うまでもなく「らあめん」は、新潟県のご当地ラーメン「燕三条背脂ラーメン」のインスパイアです。
この系統の代表格として知られる「杭州飯店」等でお馴染みの「極太麺」ではなく、ゆるく縮れた中太麺。
しかしこの麺も存在感は十分で、むちっとしてうまい。
そしてスープ、どっちゃり広がる背脂層の下に広がる煮干醤油スープ、これがいい!

猛烈な苦さというわけではなく、適度に苦味があるレベルですが、バランスよく攻めてきます。たぶん、
このスープだけ飲んでも相当うまいはず。
春菊で休憩し、そっとつまんだチャーシューはミッシリ詰まった繊維質なやつで、これもいい。

これまで、「燕三条背脂ラーメン」に対しては、何となく荒削りな印象を抱いていましたが、
今回の「どっかん」は定規で測ったようにキッチリ作られたという印象。

以前にも言いましたが、東京では「ご当地ラーメンを再構築して進化させる」店がよく目に付きます。
その事実だけとっても、「東京はすごかね〜」と感心させられるのです。

↑写真は全てクリックで拡大します!

どっかん
住所:東京都渋谷区幡ヶ谷2-1-5
時間:22:00〜売り切れまで(60食)
休み:土
HP:?

点数:4.4点(らあめん 訪麺日 2008/12/12)

※お店の地図はこちらから

posted by 拉麺本位 at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | 訪麺:東京都
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック

どっかん@幡ヶ谷
Excerpt: 「背脂煮干濃厚醤油どっかん@幡ヶ谷」の実食レポートです。 このお店は、曜日により異なるスタイルで営業し、新潟ご当地の味を楽しめます。 燕三条背脂煮干醤油の「どっかん」・・・月曜 長岡生姜..
Weblog: 東京ブウブウKING|中野の番人
Tracked: 2012-01-22 11:43