2008年12月31日

シュビドゥバ@福岡市城南区 / NEOトンコツとはどんなものか、慎んでチェック致します

シュビドゥバ.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

先日発売された「ラーメンウォーカー 九州2009」によると、「ラーメンの新常識」の「NEOトンコツ店」とは、

「大砲ラーメン」出身の「一砲」
「鈴木商店」出身の「來幸」
某製麺所出身の「はいど」
「麺公方」があった場所に開店した「まるいちラーメン会館」

と、こちら「未羅来留亭」出身の「シュビドゥバ」だそうです。
これらの店に「今年福岡県内にオープンしたラーメン店」という以外に共通点を見出せないオゴポコは、
まだまだラーメンに対する知識が足りないということなんでしょう。本当に反省しきりです。

シュビドゥバメニュー.jpg

店の造作、メニュー、看板、アジサカコウジ氏が手がけたというキャラクター、センスの良いお洒落感漂う店です。
しかも、ご覧のとおりメニューは絞り込まれており、作り手の拘り感がビシビシと感じられます。

シュビドゥバラーメン.jpg

なるほど、「名は体をあらわす」という諺にかけて「店名はラーメンをあらわす」ということか。

シャバシャバッシュビドゥバッと喉を通り抜けるサッパリな豚骨スープ!

少し茶濁した古典的豚骨スープは、「飲んだ後に最適」なサラーッと胃まで流れる軽やかさ。
麺は極細とまではいかない、細めストレート麺で、シャッキリ硬め、チャーシューも古式に則り(?)控えめ。
もしかすると「OLD」と「NEO」を取り違えたのではないか?と思わせるラーメンです。

東京では、あまりにも増えすぎた「豚骨魚介系」に対して、一部のマニアの間で「もう飽きた」とか
「目新しさがない」などと食傷気味な意見が出始めているそうです。更に、東京だけならまだしも、
「豚骨魚介」が増え始めた九州でも、そういった意見があるという話を聞きました。

そうです、その通り。「売れるから」「支持されるから」と言って同じようなラーメンばかり
増えても、マニア的には面白くも何ともないのです。ラーメンには変化が必要なんです。だから、

これ以上、福岡に「○ンコツ」「シャバシャバ」は要りません。もう飽きた。

でも、ビジネス的にはまだまだ需要があって、増えていくんでしょうね、きっと。

↑写真は全てクリックで拡大します!

シュビドゥバ
住所:福岡県福岡市城南区別府3-1-4
時間:11:00〜21:00
休み:火
HP:?

点数:3.6点(ラーメン 訪麺日 2008/12/07)

※お店の地図はこちらから

posted by 拉麺本位 at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:福岡県>福岡市
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック