2008年12月18日

次念序@鴻巣 / ようやくスーパー六厘者になった!けど・・・

次念序.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

九州初(自称)の「スーパー六厘者」に、オラはなるぞ!

東京の「六厘舎」ラーメンスタジアムの「六厘舎」(卒業)神奈川の「仁鍛」と、ここ埼玉の「次念序」。
この4店を制覇すればなれるという「スーパー六厘者」を目指して、開店1時間前に到着するも3番目でした。
前の2人は時間にルーズそうなチャラけたカップルですが、1時間以上も前から陣取り、しっかり耐え抜いてそのままポールトゥウィン。
人気ラーメン店だけが持つ不文律の強さを、改めて実感させられます。

次念序メニュー.jpg

オ「じーのくん、今日はどういう戦術でいく?」
じ「中華そばも食べたいんですけど、つけめんが必須ですから、迷いますね」
オ「違うたい!2人ともつけめん食べて、中華そばを1つ分けて食えばいいやろうもん」
じ「なるほど、気づきませんでした!」
オ「更に言うなら、1人辛つけにすれば、全部食える!」
じ「さすがです!ていうか、何で得意気な顔してるんですか?」

次念序つけめん.jpg

「辛つけ」は、辛味粉末が別皿で出てくる「六厘舎」と同じ仕様です。
まずつけ汁は、方向性は「六厘舎」ぽいものの、妙に辛みが強く、調味料で勝負した感じ。濃度および粘度は
そこそこあるものの、飽きの訪れが早く一気に気分が冷え込んできました・・・。

麺は黒々したガチムチタイプ。ぐっと押し返す弾力は「流行のそれ」っぽさ満点で、麺だけ食べてもうまい、
というか、麺だけ食べた方がうまいという思わぬ事態です。

次念序辛つけ.jpg

こちらは辛味粉末。これを入れても、冷え込みに対してはさして効果なし。

次念序中華そば.jpg

「中華そば」は、さらっとした魚介系白濁スープに「つけめん」とは異なる縮れ麺で、もっそりした一杯。
もっと魚粉が入れば「頑者」の中華そばに近くなりそうなイメージです。

最終的に、六厘舎グループを好印象な順に並べると
『仁鍛>六厘舎@大崎>次念序>>>>六厘舎@ラースタ』
という順番になりますが、「仁鍛」を最後にすればよかった、と思ってももう遅いか。

↑写真は全てクリックで拡大します!

次念序
住所:埼玉県鴻巣市滝馬室214-1
時間:11:00〜16:00(早じまいあり)
休み:火
HP:?

点数:4.0点(辛つけ 訪麺日 2008/11/22)
4.0点(中華そば 訪麺日 2008/11/22)


※お店の地図はこちらをクリック



posted by 拉麺本位 at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:埼玉県
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。