2008年12月02日

大恩@神埼 / 東京を目指した佐賀産豚骨魚介ラーメン店のジレンマ

大恩.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

「豚骨魚介ラーメン」

神聖豚骨帝国九州、特に福岡においては認知されつつあるこの言葉ですが、佐賀県ではどうか?
たぶん、ほとんどの佐賀県人にとっては「あ、豚骨ラーメンと魚介ラーメンの店か」という感覚かもしれません。
そんな佐賀県、しかも神埼市に、

「濃厚魚介豚骨」「自家製麺」「無添加スープ」

の言葉が踊る店が現れたとのこと。となれば、その日の予定を全て差し置いて確認するしかないでしょう!

大恩メニュー構成1.jpg

ラーメンは「濃厚魚介豚骨らあ〜麺 750円」と「ロース豚骨らあ〜麺 650円」の2つ。大盛無料。
あとはラーメンの説明が淡々と綴られています。
佐賀の相場からすると、価格は高めかもしれませんが、それでいい豚骨魚介ラーメンが食べられるなら、安いもんでしょう!
(あくまで良ければの話)

大恩メニュー構成2.jpg

まだまだ続くラーメンの説明。添加物は含まれていないそうですが、この情報料は150円分として
ラーメンに添加されています(想像)

大恩濃厚魚介豚骨らあ〜麺.jpg

麺は100G、硬さ指定可能。豚骨スープに魚粉を加えて煮詰めたスープは少々むせるものの、
シャバッ気はなく少しネットリしていい感じ。豚骨魚介の本場東京ではあまりお目にかかれない、

豚骨魚介スープ+細麺の組み合わせです。

ぷつぷつ歯切れのよい細麺を噛むと、ここが九州であることを否が応でも思い出してしまいます。
具は、ロースチャーシュー、半熟煮玉子、メンマ、ネギ、カイワレ、もやし、と種類の多さで勝負。

お店の話では、特に東京で修行したわけではなく、食べ歩いて独学で開店したとのこと。
開店当初はもっとスープ濃度が高かったものの「地元客に不評だった」ので今の濃度に落ち着いたそう。
日本国中へ急速に広がる豚骨魚介ラーメンですが、確固たる豚骨ラーメン文化が存在する九州では、
「大恩」のように妥協点を見出さねば商売にならないのかもしれません。

九州のラーメンシーンが変わりつつある現在、食べる側がその流れに追いつくためには、
柔軟な考えを持った若いラーメンマニアが、新しい価値感を作りあげることが必要でしょう。

九州にそういう人が増えることを、拉麺本位は願っております。

↑写真は全てクリックで拡大します!

大恩
住所:佐賀県神埼市神埼町姉川1600-1
時間:11:00〜20:00(スープ終了時閉店)
休み:木
HP:?

点数:4.0点(濃厚魚介豚骨らあ〜麺 訪麺日 2008/11/02)

※お店の地図はこちらをクリック



posted by 拉麺本位 at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:佐賀県
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。