2008年11月21日

バッソ ドリルマン@豊島区西池袋 / 「噛めるものなら噛んでみろ」反抗期な麺

バッソドリルマンつけそば小盛.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

1年以上前に「ゼットン」を倒したあと、「実はゼットンは2体いて、本物は『つけそば』」ということを知り、
ようやくその「つけそば」を食べたと思ったそばの11月から「バッソドリルマン」という店名になりやがった!

というわけで、食べたときは「ゼットン」、現在は「バッソドリルマン」の「つけそば」です。

「つけそば小盛 200g 750円」

このつけ麺を評するとき、まず取り上げられるのは「麺」。「支那そばや」や「ちょぶ屋」を参考にした麺は、
複合と圧延を2回することでコシを出すようにしており、6種類の小麦を使っているそうです。

つけ汁に漬けずに麺だけ食べてみた感じでは、「信濃大地」「ホクシン」「春よこい」「プライムハード」までは分かったけど、
まさか「ネバリゴシ」と「プライムハード・粗」の2つを加えていたとは気づかなかった!悔しい!!

・・・「プロのためのラーメン本2」の引用はこれまでにして、麺の第一印象は

ガチゴリ、ガチゴリの麺。

この麺、噛むたびに、噛まれることを拒否するかのごとくゴリゴリと歯を押し返してくる、
「噛めるものなら噛んでみろ」と言わんばかりの反抗期な麺です。
一本一本が、麺の中心に向かって収縮しているかのよう。「硬い」ではなく「固い」麺。無論、うまい。

汁は適濃の動物系+魚介系、ねっとりでもあり、さらりでもあるバランス汁。あくまで主役の「麺」を
引き立てる脇役に徹している感があります。

実は「バッソドリルマン」になってから「中華そば」「つけそば」のほかに「濃厚中華そば」が
加わったようなので、今度は3体目を倒しにいかねばなりません。やれやれ・・・。

↑写真は全てクリックで拡大します!

バッソ ドリルマン
住所:東京都豊島区西池袋2-9-7
時間:11:30〜20:00(早じまいあり)
休み:月
HP:?

点数:4.3点(つけそば小盛 訪麺日 2008/10/18)

※お店の地図はこちらをクリック

posted by 拉麺本位 at 02:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:東京都
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック