2005年12月21日

すみれ@今泉 〜 古き良きMAX

すみれマット.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

お待たせしました。週に1度のMAXの時間がやって参りました。
これまで、みそしおしょうゆとMAXしてきましたが、いよいよ最後、昔風ラーメンのMAXに挑戦します。
パートナーはもちろんこの人、M部員@すみれ魔人です。

すみれ昔風MAX店内.jpgすみれ昔風MAX厨房.jpg

今日も我々は厨房の真ん前のカウンターに陣取ります。
当然のごとくすみれ昔風MAXを2つ注文。店員もいい加減慣れたのか、言い間違えることはありません。
ちなみに、昔風MAXの一般的な呼び名は昔風チャーシューワンタンメン大盛りです。
え、煮玉子が無いって?昔風ラーメンは最初から煮玉子入りなのですよ。

すみれ昔風MAXダブル.jpg

ほどなくして・・すみれMAX!!すみれMAX!!MAXダブル!!
ガツンときました、すみれMAX2乗!!2つの大丼が並ぶその姿には、どこか神々しささえ感じます。

すみれ昔風MAX.jpg

すみれ昔風MAXのベースとなる昔風ラーメン。すみれの公式HPでは、
古き良きあの頃を思い出す、このスープの香り。想い出の昔風ラーメン。
と紹介されています。
まだ、すみれが現在のみそラーメンをメインに据える前に存在した普通のラーメン。
その普通のラーメンを再現したのが、この昔風ラーメンだと言われています。
分かり易く言えば、竜王が真の姿に変身する前の仮の姿にあたると思ってもらえればよいでしょう。

そろそろ味の説明に移ります。

わたしは過去2回昔風ラーメンを食べたことがあるのですが、正直、あまりにも普通の醤油ラーメンすぎて
全く面白みが無い、という感想を持っていました。昔のラーメンなのでしょうがないと言えばそれまでですが、
M部員も同じ評価を下しています。彼も、今回はラーメン博物館で食べて以来だそうです。

と・こ・ろ・が

今日は違う!圧倒的に違うじゃないか!!この味は!!
麺はいつもと同じ中細縮れ麺ですが、スープは以前感じていた真っ正直なあっさり醤油とは一線を画した複雑な味わいです。醤油ラーメンというよりは、醤油と塩の中間と表現すべきでしょうか。表面に浮く油も適度に心地よいです。まるでアウストラロピテクスから一気にホモサピエンスへ進化したかのような変わり様です!
そういえば、今日は若手職人が調理しています。進化して火の使い方を覚えたのでしょうか?
さて、あまりの驚きにしばし我を忘れていましたが、ふっと隣のM部員を見ると

「ぶちょう、おで、おで、涙が止まんねぇよ〜」

すみれ昔風MAX完食.jpg

喜びのあまり涙と鼻水でぐちゃぐちゃになりながらも、彼の箸は一向に止まる気配はありません。
昔風MAXは、煮玉子、ほうれん草、麩、海苔、メンマ、チャーシュー、ナルト、ネギと只でさえ具が多いところに、
今日は大盛&ワンタンがプラスされ、かなりの質量を保っているはずですが、あっという間に
スープまで完食し。そして・・

M「MAX終わっちゃった・・・」
オ「いや・・まだ終わりじゃない、終わりじゃないぞ!」
M「え、どぼぢて?」
オ「ほら、耳をすましてみろ・・祭りだ・・祭りばやしが聞こえる!!」

次回はグランドフィナーレ、MAX祭りダ〜〜〜ッ!!!

【おまけ】
すみれ昔風MAX厨房.jpg
すみれ昔風MAX2丁、2400円也。


↑写真は全てクリックでMAXします!

点数:すみれ昔風MAX 4.3点(M部員:4.5点)

【福岡市】【中央区】【醤油】
posted by 拉麺本位 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:福岡県>福岡市
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック