2008年10月22日

豆天狗@高山 / 高山ラーメンチャレンジ。この山は高山最高峰だ!(制限時間2.5時間)

豆天狗.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

「自称食通、ラーメン評論家の能書禁止。難しいことはわたしには分かりません。」

そういう注意書きが書かれている、高山の名店「豆天狗」。1949年に創業してから、約60年もの間、
高山を守り続ける天狗は、ラーメン評論家の評価などどこ吹く風、なかなか頑固な妖怪のようです。

さっそく「中華そば並 600円」を注文。

普通にラーメンが好きなだけのオゴポコは、メニューと価格をメモし、カメラを取り出してズーム調整後、
中華そばが出来上がるまでをじっと見つめながら、ケータイで熱心にメモを取るだけです。

豆天狗中華そば.jpg

ひっきりなしに入ってくる客、行列もできており、言っちゃなんですが他の店とは勢いが違います。
中華そばを作る手際はスムーズで、職人的早さ。
丼を用意しつつ、麺を茹でつつ、一杯ずつ笹切りでネギを入れつつ(!)、スープ(タレ入り)を注ぎつつ、
コショウと入れつつ、女将さんに的確な指示を出しつつ、常連さんに話しかけつつ、作り上げていきます。

その「中華そば」は、高山ラーメンに辟易しかけていた胃を目覚めさせる素晴らしい逸品。
ふんわり動物系に魚介系も効いたスープは、動物魚介系の新しささえ感じるもの。
心配された麺も、あのサクサクしたスナック菓子感はなく、なめらか。自家製麺。

さすが、「天狗」になるだけのことはあるな!

豆天狗つけめん並1.5玉.jpg

残り時間は1時間を切り、あと1軒行こうかと思いましたが予定を変更して

「麺は国産小麦、モンゴルかん水、自然岩塩、スープは名古屋コーチン、魚系Wスープ」

という「つけめん 並1.5玉 800円」に挑戦。というかこの説明、
ラーメン評論家が好きそうな能書きではないか!?
普通の客にはこんな難しいことはよく分からんでしょう。

さらっとしたスープは、タレがちょい辛め。動物系も魚介系もほどよく効いてます。
麺は平打ちでつるつるしたタイプ。悪い点は見当たりませんが、首都圏的観点からするとさして珍しくはなし。
ただ、ここは高山。そういう意味では、この街で老舗がこの「つけめん」を出していることは、
驚くべきことかもしれません。

「豆天狗」を出たら、駅へ向かって全力で自転車を漕ぎ、電車出発時刻ぎりぎりで到着。
2時間半で4軒5杯の成果を残した高山ラーメンチャレンジ。第2回は、あるのでしょうか?

↑写真は全てクリックで拡大します!

豆天狗
住所:岐阜県高山市八軒町2-62
時間:11:00〜19:00
休み:火
HP:http://www.mametengu.jp/

点数:4.2点(中華そば並 訪麺日 2008/09/22)
3.8点(つけめん並1.5玉 訪麺日 2008/09/22)


※お店の地図はこちらをクリック



posted by 拉麺本位 at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:岐阜県
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。