2005年12月18日

一休軒本店@佐賀 〜 佐賀ラーメンの源流

一休軒本店のれん.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

今回は、佐賀県担当トミー部員の案内による食べ歩きです。テーマは「佐賀ラーメン今昔模様」
つまり、佐賀ラーメンの元祖ともいえる「一休軒本店」、人気店の「一休軒鍋島店」、最新形の「いちげん」を
一気にまわってしまおう、という企画です。
一休軒本店内装.jpg

昼前に入店したためか、店内は我々2名のみ。眼光鋭いご主人が店内を仕切ります。
スープ鍋をかき混ぜつつ麺をあげつつ店員のおばちゃんに指示を出す姿は、まさにラーメンマエストロ
45年の歴史を持つ一休軒の店内は、店前に建つ佐嘉神社と同じく、
永年の風雪に耐え抜いたものだけが持つ凛とした空気に包まれています。

さて、そろそろ注文しようか。ふとメニューを見てみると、ありました!
一休軒系の特徴とも言える「卵入りラーメン」の文字が燦然と輝いております!
しかし、今回は初回訪麺。まずは普通の「ラーメン」を注文です。

一休軒本店ラーメン.jpg

これぞ、一休軒本店のラーメン(=佐賀ラーメン)!!
羽釜で炊いたスープは久留米に近いスタイルですが、まったりとしてド豚骨という感じではなく、
むしろ淡い味わいです。よって、あえて「佐賀ラーメン」という括りで捉えています。
あっさりとはいえ、ダメな長浜ラーメンのような薄っぺらさは無く、しっかりトンコツトンコツしています。
麺は博多ラーメンよりは太め。久留米ラーメン並の太さです。もちろん、替え玉はありません。
具はあまり特筆すべきものはありませんが、悪く言えば「欠点」、よく言えば「佐賀ラーメンの特徴」
ということにしておきます。

一休軒本店外観.jpg

ただ、正直言いまして、わたしはこの手のあっさり系久留米風豚骨ラーメンが苦手です。
しかし、それは個人的な感覚であって、大多数の福岡、佐賀人にはこの系統の味は好まれていると思われます。そうでなきゃ、45年も続くわけないし。

店を出て、ふと振り返り考える。
佐賀人にとっての一休軒は、例えて言うなら、向かいの神社と同じく
「そこにあるのが当たり前、しかし、無くなると困る」という存在なのだ、と。
店前でタバコをふかすトミー部員(佐賀在住30年以上)も、胸のうちではきっとそのことに気付いているはずです(勝手な想像)。

↑写真は全てクリックで拡大します!


一休軒本店
住所:佐賀県佐賀市松原3-2-2
時間:11:00〜23:00
休み:月
HP:なし

点数:3.7点

【佐賀市】【豚骨】


posted by 拉麺本位 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:佐賀県
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。