2008年09月28日

有頂天の元祖@山形 / ゲソ天を食べるときに重視するのは、ビジュアルか実用性か?

有頂天の元祖.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

店最寄の羽前千歳駅(無人駅)で降りると、辺りは墨汁を垂らしたような闇・・・

まったく土地勘のないこの場所で、徒歩約30分かけて辿り着いた「有頂天の元祖」は、
山形のご当地ラーメンとして注目を集める「赤湯辛みそラーメン」の店です。

なお、「赤湯ラーメン」「赤湯からみそラーメン」は、ラーメン博物館に出店している龍上海の登録商標だそうで、
ブランドを守るための対策はしっかりしているようです。

有頂天の元祖メニュー.jpg

交通アクセスは悪くても、さすがの人気、店内は満席キープです。そしてメニュー、
「有頂天の元祖」といえばこれを食べずには語れない!「ゲソ天味噌ラーメン」!

ただ、写真のメニューでは「味噌ゲソ天ラーメン」なのに壁のメニューでは「ゲソ天味噌ラーメン」となっており、
しかもほかに「ゲソ天ラーメン」や「ゲソ天ラーメン(特製辛味噌付)」もあったりして少々紛らわしくないか?

有頂天の元祖ゲソ天味噌ラーメン.jpg

「ゲソ天味噌ラーメン 800円」を目の前にしてこみ上げるのは、有頂天というか、やっと食べられる安堵感・・。
サラッと飲める味噌スープで口を慣らし、辛味噌を溶かして一気に辛味を加速!
この二段構えだけでも楽しめますが、お楽しみはこれからです。ではいくか、とメインのゲソ天を持ち上げると
ふやけた衣がぶるん、と脱げて、エビのように跳ねる!いや、イカか。

飛び散った味噌スープを拭きながら、何気なく隣の体格のいい女性客を見ると、なるほど、
カットされたゲソ天を別皿で貰って、味噌ラーメンと並行して食べている!
ビジュアル的には乗せた方が見映えしますが、実用的にはこっちの方がいいようです。

あとは、ゆったり弛んだ麺、チャーシュー、キャベツ、メンマ等のパーツを、
丼の中で激しくポジションチェンジしがら完食。

これで無事に全行程を終えましたが、今回は米沢に行けずじまいだったので、
次回は米沢&山形南部の攻略だな!

↑写真は全てクリックで拡大します!

有頂天の元祖
住所:山形県山形市平久保34
時間:11:00〜21:30
休み:月
HP:?

点数:4.1点(ゲソ天味噌ラーメン 訪麺日 2008/08/24)

※お店の地図はこちらから



posted by 拉麺本位 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:山形県
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。