2008年09月09日

ほん田@北区東十条 / いい意味で「今後に期待」と言える新店

ほん田.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

毎日のように新店がオープンしている東京のラーメン界。その新店情報をほぼ毎日掲載するラーメンバンクでチェックはしていますが、
当然、全て行けるはずもなし。よって、福岡出身のオゴポコとしては、限られた時間と胃を有効活用するために、
「安心と信頼のラーメンフリーク仲間」の情報を基に選択訪麺するスタイルを取っております。

そこでこちらの「ほん田」

2008年2月にオープンしたこの店は、今年の新人王最有力候補の店。そこそこ並ぶかな?となめてました。
19時前、12人待ちの行列最後尾で待つことにします。

ほん田メニュー.jpg

並んだ後に気づきました。こちらは「先に食券を買って並ぶ」ルールを適用していますので、
「香味鶏だしラーメン 650円」を購入。トッピングとして「とらさん 350円」のボタンも押下。
しばらくすると店員さんが食券を確認にきます。このシステムは確か「とみ田」も同じだったと思いますが、

デメリット
・券を渡したあとに場合、キャンセルしたくなったときに面倒
・麺類は全く違うものが3種類なのに、店に着いたらすぐに決める必要がある
・券を買いに行く間に行列が前後してトラブルになりかねない
(とみ田は買う前の順番を完全に把握しており、トラブルを起こさないところがすごい)

メリット
・ラーメンを作り始めるタイミングが早いので、客の回転が少しよくなる

というわけで、オゴポコ個人としては、このシステムは少々不満なのです。
それとも、気づいてないだけで、もっとメリットがあるのか?

ほん田香味鶏だしらーめん.jpg

ということを考えていると、30分くらいはあっという間に経ってしまい目の前にラーメンがありました。

スープと細麺は、イメージだけで強引に分類するなら「神奈川淡麗系」に近いものを感じますが、
店内に貼りだされている雑誌の切り抜きによると、香味油は鶏油、大豆白絞油、玉ねぎ、鷹の爪、にんにくを
使用して個性を出しているそうです。そう言われれば、確かに油は面白い味かも。

鶏スープは、当然薄さはなく、旨味十分。ハムぽいチャーシューも含めて、品質高し。
このラーメンと濃厚豚骨魚介を両立させ、かつ、店主が20代前半という話題性、それらを含めた
総合力が評価されているんでしょう。

久しぶりに、いい意味で「今後に期待」と言える店です。

↑写真は全てクリックで拡大します!

ほん田
住所:東京都北区東十条1-22-6
時間:11:30〜15:00、18:00〜売り切れ次第終了
休み:水
HP:?

点数:4.4点(香味鶏だしラーメン 訪麺日 2008/08/09)

※お店の地図はこちらから

posted by 拉麺本位 at 00:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 訪麺:東京都
この記事へのコ麺ト
 はじめまして。
私の勘違いかも知れませんが、記事の内容を
拝見する限り東十条の「麺処ほん田」ではない
でしょうか?千代田区神田錦町にある「ほん田」
の住所になっていますが、両店は全く別のお店
と思われます。余計なお世話かもしれませんが…

東京都北区東十条1-22-6

http://ramendb.supleks.jp/shop/14009
Posted by ラヲタ部S伯 at 2008年09月09日 13:43
>ラヲタ部S伯さん
ご指摘ありがとうございます。住所等は「ほん田」違いでした。
Posted by オゴポコ at 2008年09月09日 22:00
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。