2005年12月12日

まるげん@平尾 〜 福岡最強の辛つけ麺登場

まるげんつけそばメニュー.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

前回の訪麺で圧倒的な実力を見せつけた、まるげんのつけ麺。
大崎氏も絶賛するその麺力(めんぢから)は、福岡の枠を飛び越え、
いまや東京へも飛び火しようかという勢いです。
じーの副部長は既に実食済みなので、今日はこの喜びを分かち合うべくM部員を同伴しました。
まるげん看板.jpg

オ「おぉ、見ろMくんよ、まるげんの看板が見えてきたぞ。ここのつけ麺は福岡最強なのだ」

M「部長、卿は郷家には非常に好印象を抱いております。よって今回は中華そばを食したいと考えております」

オ「何をそのような愚を申すか!そんなことだから、卿はいつまで経っても三流だというのだ!」

M「は!失礼いたしました!出すぎたマネを致し、恐縮至極でございます」

オ「もうよい。とにかく卿は、黙ってつけ麺を食せばよい」

M「は!御意にございます」

まるげん博多辛つけそばしる.jpgまるげん博多辛つけそばめん.jpg

てなわけで、M部員は自主的に「博多つけそば」、わたしは「博多辛つけそば」を注文です。
キラキラ光る平打ち麺に、ピリッと効いた少し辛めのつけ汁。
さほど辛くはありませんが、ラー油と郷家ゆずりの唐辛子ダレがほどよい加減です。
しかし、比較すれば「博多つけそば」のほうが断然上。
正に「博多つけそば」は、麺、汁、具が「光り輝き響きあうつけ麺」なのです!

まるげんメニュー1.jpg

むむ、よ〜くメニューを見ると、なんとつけ麺に替え玉があります!これは非常に珍しい。
ひょっとすると、「博多つけそば」の由来はこの替え玉にあるのかもしれませんな。

まるげん博多辛つけそばスープ割.jpg

ひと息ついてスープ割を頼む前、ふと隣のM部員を見ると・・まるで取り憑かれたかのように、
一心に麺と汁をすすっています。そしていきなり、

「ぶちょう、おで、こんなうまい麺食ったの、すみれ以来だ〜よ!!ありがと〜ありがと〜」

どうやら、文句無く満点5.0点のようです。
ほら、やっぱりつけ麺にしといて良かっただろ、と内心思いつつ、M部員にここまで言わせるつけ麺に
対し、二人で「乾杯(プロージットッ)!!」と快哉を叫ばずにはいられませんでした。

↑写真は全てクリックで拡大します!

点数:博多辛つけそば 4.3点

【福岡市】【中央区】【つけ麺】
posted by 拉麺本位 at 23:31 | Comment(2) | TrackBack(2) | 訪麺:福岡県>福岡市
この記事へのコ麺ト
こんにちは。

僕もまるげんは気になっています。
次回訪問時は未食の郷家とセットで
食べたいと思っています。
Posted by たけひこ at 2005年12月17日 15:16
郷家、まるげんは、福岡を代表する醤油ラーメン
だと思います。ただ、郷家はちょっとブレがある
のが欠点なのですが・・
訪問時は、ぜひ「中華そば」と「つけめん」の両方
を試してみてください!
Posted by オゴポコ at 2005年12月18日 20:46
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック

博多中華そば まるげん
Excerpt: [コメント]そろそろピトさんには酷な季節、「夏」。そう、いかしたアイツが顔をチラリとのぞかせてきました。チラリでも、すでにアセダク状態なピトさんです。こんな日は熱いスープというよりはツルリと冷たくいき..
Weblog: 九州を喰らふ-pito's BLOG-九州温泉グルメっと
Tracked: 2006-06-09 21:12

博多中華そば まるげん
Excerpt: [コメント] そろそろピトさんには酷な季節、「夏」。そう、いかしたアイツが顔をチラリとのぞかせてきました。チラリでも、すでにアセダク状態なピトさんです。 こんな日は熱いスープというよりは..
Weblog: 温泉ぐるめっと
Tracked: 2007-01-17 11:16