2008年08月20日

白龍 本店@盛岡 / 「じゃじゃ麺」食うなら手順を守れ。守れば飲める「ちいたんたん」

白龍本店.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

岩手県が誇る麺は「盛岡冷麺」「わんこそば」「マンニラ」だけじゃねぇ!
「じゃじゃ麺」元祖の「白龍」を忘れるなっ!あと、読み方は「はくりゅう」でも「しろりゅう」でもない、

「ぱいろん」

これが正解。かく言うオゴポコも、店の前に着くまで「はくりゅう」だと思ってたのは言うまでもない。

白龍じゃじゃ麺小.jpg

注文した「じゃじゃ麺小」は400円。中、大はそれぞれ100円増し。「ちいたんたん」は50円。
この「じゃじゃ麺」は食べ方に手順がありまして、初心者のオゴポコは何度も壁の手順を読み返して脳にインプット。
その手順とは・・・

1. まず、中野製麺の熱々うどん麺と無化調肉味噌をよ〜〜〜〜〜〜〜くかき混ぜる。
2. 1へ戻る。2回目以降の人は3へ進む。
3. 1へ戻る。3回目以降の人は4へ進む。
4. 1へ戻る。4回目以降の人は5へ進む。
5. さて、あなたは何回混ぜたでしょう?分かった人は6へ進む。
6. 食べてみる。味噌がしょっぱい。
7. お好みに合わせて「ラー油」「にんにく」「酢」等で調整。まだしょっぱい。
8. あきらめて一気に食べる。
9. カウンターの生卵を割って入れる
10. 丼を持ってカウンターへ行き、大きな声で「ちいたんたん」の呪文を唱える
11. しばらく待つように言われるので、丼を持ったまま他の客の視線に耐える。
12. 丼を渡すと、麺のゆで汁を入れてくれるので受け取る。
13. 丼が平たいので、汁をこぼす。
14. 慌てて拭いて、一気に飲み干す。

簡単に言うとこういう感じでしょうか。ちなみに隣のおじさん(観光客)、
何度も店員さんに手順を確認していて、たぶん味わうどころではなかったはず。

そつなく「じゃじゃ麺」をクリアしたので、この日最後のラーメン店へ自転車を走らせることにします。

↑写真は全てクリックで拡大します!

白龍 本店
住所:岩手県盛岡市内丸5-15
時間:11:30〜20:00
休み:日
HP:?

点数:3.8点(じゃじゃ麺小 訪麺日 2008/07/19)

※お店の地図はこちらから



posted by 拉麺本位 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:岩手県
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。