2008年08月16日

大黒屋本舗 平井店@江戸川区平井 / ラーメン界の二大潮流、アレとアレを兼ね備えた店

大黒屋本舗平井店.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

たまにあるんですよ、こういうスーパーな店が。
あの「とみ田」店主がプロデュースする「大黒屋本舗 平井店」は、東京ラーメン界の二大流行と言える
「アレとアレ」を昼と夜で分けて提供しているとのこと。しかも、
定休日なしという頑張り屋さん。

東京のラーメン好きなら「ああ、アレとアレね」とすぐに頭に浮かぶはずですが、
さて、あなたには想像がつくかな?
おそらくこれから日本全国へ広がっていくはずの「アレとアレ」が。

大黒屋本舗平井店説明.jpg

答えは「濃厚魚介とんこつ」と「二郎インスパイア」。今回は夜なので「二郎インスパイア」。
他の大黒屋本舗では昼は「大勝軒系」を出すもあるので、それも合わせて三大流行を全て押さえているといってもいいかも。

大黒屋本舗平井店大黒麺アップ.jpg

「大黒麺 700円」は、麺は300グラムまで無料ですが、今回は自重して200グラム。

一口に「二郎」または「二郎インスパイア」とは言ってもその種類はさまざまで、各店によってスープ、麺に
特色があるわけです。なので、二郎の好みを語るとき、どの点に重きを置くかは人それぞれですが、オゴポコは「麺」。
特に、麺に弾かれて脂と野菜が飛び散るような、ゴワついた暴れる麺がタイプ。
こちらの店は、箸がプラスチックなんで、余計に暴れるから気をつけろ!

大黒屋本舗平井店大黒麺.jpg

雄雄しくそそり立つ野菜を崩しながら、甘味が目立つタレ強めのスープへ浸す。
そのスープに氷河のように浮かぶ塊は、背脂。ぶよぶよと漂って、
やがて溶け出し黒いスープが脂で怪しく光っていきます。
加えてチャーシューも脂身が多く、ちょっと飽きてきますが、

このスープはこの麺を食べるための調味料

と考えればこれくらいのインパクトは必然でしょう。とにかく麺、この麺に満足だから言うことなし。

↑写真は全てクリックで拡大します!

大黒屋本舗 平井店
住所:東京都江戸川区平井5-30-4
時間:11:00〜15:00、18:00〜23:00
休み:なし
HP:http://daikokuya-ramen.com/

点数:4.3点(大黒麺 訪麺日 2008/07/15)

※お店の地図はこちらから



posted by 拉麺本位 at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(1) | 訪麺:東京都
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック

本家 大黒屋本舗 平井店
Excerpt: 5月にオープンした、中華蕎麦とみ田の店主プロデュースのお店に行きました。 訪れた時間は丁度お昼。行列を心配しましたがそれ程混んではいませんでした。 つけ麺は同じ料金で250gと350グラ..
Weblog: 呑楽食 blog
Tracked: 2008-09-02 22:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。