2008年08月14日

博多一丁@津 / 三重県津市で見かけた博多ラーメンLOVEな店。その愛し方は半端ない!

博多一丁.jpg

おつかれ麺です。オゴポコです。

三重県にはこれといったご当地ラーメンはないそうですが、それは裏を返せば、色々なラーメンを
受け入れやすい素地がある、とも言えます。その色々の中には、博多ラーメンも含まれているようで、
こちら「博多一丁」は、博多ラーメンを提供する津市の人気店。
駅から遠く、かつ、住宅街のど真ん中という立地ながらも、車でどんどん客が押し寄せてくる!

豚骨ラーメンを求めて並ぶ三重県人の行列に、こっそりと福岡県人が紛れ込む。

彼らにとって、よもやわたしがオゴポコだとは、知る由もなかろう!いや、知る必要もなかろうもん!

博多一丁メニュー.jpg

のれん、メニュー、システム等は「なみへい@四日市」と似すぎ。関係ありそうな気もしますが、
客が多くて忙しい上に、広い厨房とフロアが分業制なので、確認できず。

博多一丁のこだわり.jpg

もちろん麺は「なみへい」と同じく博多直送。それも、

「博多の麺職人が心を込めて作った自慢の麺」

これをご覧の博多の製麺所の皆さん、あなたの麺は三重県で宝物のように扱われているんですよ!

博多一丁食べ方.jpg

微に入り細にわたる「博多ラーメン」の説明。豚骨初心者の三重県人にはこれくらい親切な説明が必要なのでしょう。
でも、3番は替え玉の後でいいかも。

博多一丁博多ラーメンかためん.jpg

「なみへい@四日市」は100杯限定でしたが、こちらは120杯限定。
豚骨スープを作る工程で、下処理、炊き込み、熟成に各一日という手間をかけているそう。
小型の営業用羽釜からスープを注ぎ、一丁ずつ丁寧に、大事に作られる「博多ラーメン」。

では、3日間かかる拘りの博多ラーメンを5分ほどで平らげましょうか。

豚骨スープは「なみへい」よりは博多でよく見かけるものに近い。つまり、サラサラで骨ぽさはなし。
とはいえ、ちゃんと乳化してシャバっ気はなく、丁寧に作られた良質な博多ラーメンです。
ポッキリ細麺と薄いチャーシューは、見事に博多を再現。これも、博多に持ってきても全く見劣りしないレベル。

我々福岡人は、ラーメン好きな三重県人を博多で接待することがあったら、気をつけた方がいい。
適当な店に連れていったら、「え?本場はこんなもん?」と思われかねませんから。

↑写真は全てクリックで拡大します!

博多一丁
住所:三重県津市久居北口町2692-2
時間:11:30〜14:30、18:00〜22:00(早じまいあり)
休み:月(祝の場合は翌日)
HP:?

点数:4.2点(博多ラーメンかためん 訪麺日 2008/07/12)

※お店の地図はこちらから

posted by 拉麺本位 at 02:15 | Comment(6) | TrackBack(0) | 訪麺:三重県
この記事へのコ麺ト
ここのラーメンは旨い。
小生、南区出身です。
今は三重在住。
でも、一番好きなラーメンは老司の一九です…。
Posted by at 2009年01月20日 22:35
>(名無し)さん
「一丁」もいいんですが「なみへい」もぜひどうぞ。
Posted by オゴポコ at 2009年01月21日 02:15
黒崎生まれの意地たい!
Posted by 唐そばには勝てんと at 2010年09月01日 18:55
>唐そばには勝てんとさん
渋谷の唐そばはどうでしょうか?
Posted by オゴポコ at 2010年09月07日 01:05
やはり親父には勝てんと!息子は親父には勝てんたい!
Posted by 黒崎生まれの意地たい! at 2010年09月07日 20:30
>黒崎生まれの意地たい!さん
よくわかりました。
Posted by オゴポコ at 2010年09月20日 15:40
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのトラックバック