2005年12月04日

ポンポン亭@稲築 〜 麺をめぐる攻防with大崎氏

おつかれ麺です。オゴポコです。

大崎氏と往くラーメン食べ歩きの終着店。「ポンポン亭」です。
こちらも「丸貴」同様、筑豊地区では古くからある店。みそラーメンがメインです。
店情報の詳細は過去記事のコチラをどうぞ。

3人全員がみそラーメンを注文。しかし、ここで緊急事態発生!!

じーの 「あの〜、僕の分だけ麺少なめにしてもらえますか?」
店長  「ほんとは出来ないけど、じゃあ余った分は他の2人のに入れときますね」
大崎氏 「そ、それはちょっと困ります!」
オゴポコ「もう全員普通でお願いします!」

と言ったにも関わらず、じーの副部長少なめ、大崎氏とわたしがその分多めで運ばれてきました。

店長  「ちょっと多いくらいだから大丈夫黒ハート

店長は我々が今日5軒目であることを知るはずも無く、また大崎氏が来店していることも
当然気付いておりません。きっと、普段どおりサービス満点のつもりでの心遣いだったのでしょう。
しかし、大崎氏とわたしにとってはまさに想定外の事態。
いきなりフードバトルの戦場に足を踏み入れた心境です。


しかし、大崎氏は何も言わず黙々と食べ続けます。ならば、わたしも食べ切るより他に道はありません。
実は、食べる前は厳しいと感じていましたが、今日のわたしは絶好調。勝算アリです。
実際、食べ始めると難なく完食!まさに食べ歩き(練習)は嘘をつかないを身を持って実感した次第です。
そして、大崎氏もキッチリ完食。さすがです。
まさにOneForAll,AllForOneの精神です。

点数:3.8点


【後記】
「時計台」臨休というアクシデントもありながら無事にツアーを終え、
大崎氏をJR桂川駅までお送りしました。実に有意義な、楽しい食べ歩きでした。
しかし、大崎氏も指摘されている通り、まだまだ福岡のラーメン界は新陳代謝が遅い。
東京、札幌と比較するとそれは更に顕著となります。
かと言って、愚痴ってばかりいても仕方ありません。まずは行動。
我々地元のラーメン好きがレベルアップし、妥協無き姿勢でラーメン店を評価することが
福岡ラーメン界のレベルアップに繋がると思います。

最後に、駅前で大崎氏と記念撮影。都合によりここではお見せできませんが、
背景の飯塚行き西鉄バスがいい雰囲気をだしています。
前日まで風邪でダウンしていたじーの副部長、そして、わざわざ来て頂いた大崎氏、
ほんとうにお疲れ麺でした。


参考:大崎氏のご紹介
自称「日本一ラーメンを食べた男」のラーメン日記
東京のラーメン屋さん
AllAboutラーメンガイド

【嘉麻市】【味噌】
posted by 拉麺本位 at 14:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 訪麺:福岡県>筑豊地区
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのTrackBack URLです。コピーを押したあと、”Ctrlキー+V”または
”右クリック→貼り付け”で貼り付けできます。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。