2005年12月04日

泰平楼@宮田 〜 しょっぱい出来で残念with大崎氏

おつかれ麺です。オゴポコです。
12月3日の筑豊食べ歩きwith大崎氏の続きです。

黒門@遠賀をあとにし、麺に魅せられた男達の一行は飯塚市へ向かいます。
車中、当然のことながら話題の9割はラーメンです。
住む場所が違っても、初対面でも語り合えるブラボーな趣味、それがラーメン食べ歩きです。
大崎氏には色々と濃い話を聞かせていただき、感謝しております。

さて、筑豊地区の一押し店、「時計台」に到着すると、なんとシャッターが降りっぱなし・・
配達された新聞も突っ込まれたままです。どう見ても臨時休業・・
筑豊地区でここを紹介せずにどこを紹介せよというのか!
どうやら、筑豊ラーメン=山小屋というラーメン界の図式は当分改められそうにありません。

気を取り直して次の目的地、「泰平楼」へ向かいます。
残念ながら、今日は出来がイマイチ。妙にしょっぱさが目立ちます。
ほんとはもう少し久留米系のラーメンが楽しめるはずですが、基本的に地方の食べ歩きは1回限りの訪麺がほとんど。こういうイレギュラーなこともひっくるめてのラーメン食べ歩きです。
泰平楼の詳しい情報を見たい方は、わたしの以前の食べ歩記事にてご確認ください。

「時計台」への訪麺が消えたため、次の3軒目はリザーブマッチを勝ち抜いた「竜園」に決定!!
筑豊随一の激辛ラーメンに挑みます。


点数:3.3点


参考:大崎氏のご紹介
自称「日本一ラーメンを食べた男」のラーメン日記
東京のラーメン屋さん
AllAboutラーメンガイド

【鞍手郡】【豚骨】
posted by 拉麺本位 at 13:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | 訪麺:福岡県>筑豊地区
この記事へのコ麺ト
コ麺トを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コ麺ト:

※コ麺トは承認制です。反映まで時間がかかることがあります。
この記事へのTrackBack URLです。コピーを押したあと、”Ctrlキー+V”または
”右クリック→貼り付け”で貼り付けできます。
 

泰平楼@宮田町
Excerpt: 11月5日(土)の夕方に宮田町にある泰平楼を訪問しました。お店は40年以上続いているそうで、現店主が3代目だそうです。 ラーメンを注文しました。具はチャーシューが2枚にネギ、ゴマ、海苔とあります..
Weblog: たけひこのラーメン全国食べ歩き
Tracked: 2005-12-09 22:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。